厳しさと楽しみがある教習

観光を兼ねるのがベター

初心者

合宿免許とは、主に地方の自動車教習所が宿泊施設を用意して、集中的に教習を行う形態のことです。最短で15日で卒業できるため、長期休暇が取れる学生に人気があります。宿泊施設はかつては教習所が併設した宿泊所も多くありましたが、現在は地元のビジネスホテルなどと提携しているケースが多いです。それと共に食事もグレードアップしています。合宿免許のメリットは、空き時間に観光や郷土料理が堪能できたり、友達が作れることです。また地方は交通渋滞がほとんどないため、路上教習は時間たっぷり運転が可能なことです。都心の教習所の場合は、交通量が多くあまり走れないこともあるので、路上教習が不安な人は合宿免許を選択するのもよいでしょう。

突発的な用事に注意

合宿免許の最大の注意点は、原則的に期間中は拘束されることです。突発的な用事で一日程度休むのはあまり問題になりませんが、数日間となると卒業が遅れ、場合によっては追加料金が課せられることもあります。それに用事の行き帰りの費用がかかっては、比較的廉価設定である合宿パック料金のメリットが生かせません。また直前のキャンセルは、キャンセル料を取られる場合もあるので、事前のスケジュール調整は余裕をもって行うことが必要です。また都心での運転機会が多い人は、車が多い状態に慣れるため合宿免許より、都心の教習所に通った方がよいという意見もあります。しかしどこの教習所も、すべての状況を想定して教えていません。それよりは、教官と十分コミュニケーションをとって信頼関係を築き、基本的な技術を身に付けることが大切です。