新しい免許

小型船舶

ボートや船を操縦する時に必要な船舶免許は、近年気軽に取得出来るとして大きな話題になっています。自動車免許よりも内容がシンプルであるため、全くの未経験者でも問題なく操縦できます。エンジン付きの機能性豊かなボートを始め、水上バイクやクルーザーなどマリンスポーツの代表的な乗り物も船舶免許で操縦可能です。乗れる船の種類も増えたことから、今後も取得を希望する人が増えていくでしょう。船舶免許の種類を知っていき、取る前の参考にしていきます。

ヨットやトローリングの場合は1級になり、20トン未満の船舶を対象にします。一方釣りやクルージングといった娯楽や業務で使用する場合は2級になり、こちらも20トン未満からの取得になります。特殊小型になると水上オートバイが対象になるため、試験内容が難しくなります。マリンスポーツを運営やインストラクターで活躍するなら持っておきたい船舶免許になります。また川限定の場合は、船舶の中でも低い5トンから開始ししていき、一部の海域含めた教習をしていきます。年齢は17歳から対象で、出力にで制限のある水上ナイクは、15歳以上から取得可能です。船舶免許が取れる場所は主に学校で、海に詳しい講師がノウハウを交えながら知識を植え付けていきます。丁寧な指導をモットーにする場所ほど覚えが早く、また取得期間が短く済みます。ストレスなく、効率的な指導内容なので、安全に操縦出来るほど成長可能でしょう。最近は聴覚や視覚に障害がある人も積極的に船舶免許を取得しており、多くが希望する人気免許へ成長しています。養成型を始め、幅広く学べるため船舶免許を取る際は内容を確認の上参加しましょう。